nofuture

今を生きる

Black Lives Matter運動はどこまで続くのか

 アメリカの白人警官による黒人男性の圧殺を発端とした抗議運動が拡大するとともに過激さを増しています。

工作活動や便乗した略奪など様々な思惑の人々が入り乱れ収集がつかなくなっているように思えます。

 

www.newsweekjapan.jp

そして起きた黒人の死体が木に吊るされるというショッキングな事件。

これは奴隷時代にさかのぼる象徴的な行為でありアメリカでは明確なメッセージとして捉えられるでしょう。

白人至上主義者の犯行が一番疑われますが、もしかしたら恨みのあった人間による偽装工作かもしれません。ギャングの抗争とか。抗議の自殺は可能性は低そう。

下手に勘ぐるよりも捜査結果を待った方が良さそうです。

 

以下はツイッターで見つけた情報をまとめてみました。

※注意!!刺激の強い映像があります。

 

店への落書きをしている白人女性へ黒人女性が注意している映像。

黒人のせいにされることを危惧しています。

 

ウェンディーズが放火された時の映像。

白人女性が火をつけています。

撮影者(黒人?)は「私たちではない」と言っています。

ただその前にすでに店は燃えているのでこの女性一人でやったかは不明。

この辺りは白人対黒人の分断や、社会混乱の誘導といった思惑がありそうです。

 

この放火が起きたきっかけはアトランタでの警官による黒人射殺事件です。

職質を受けた黒人男性が警官を殴りテーザー銃を奪い逃走、追ってくる警官に対しテーザー銃を撃ったことから、警官が拳銃を発砲。

 アメリカでは「やりすぎ」という批判の声が上がるとともに「これだけのことやったんだから撃たれて当然」と警官を擁護する意見もあります。

それに対する反論として、もし白人が同じことをしたらどうなるかということで上げられた動画。

 

何らかの容疑者(白人)が激しく抵抗しているのに警官は発砲しません。

しまいには警官を追って攻撃。パトカーにまで乗り込みますが警官はなす術なし。

 

警官2人組が取り押さえようとした男に警棒を奪われ殴られます。

そしてパトカーまで奪われるという。。。

 

さらにそれに対する反証動画。

飲酒運転で捕まりそうになった黒人が激しく抵抗し銃を奪おうとします。

警官はテーザー銃で反撃し取り押さえようとしますが、黒人男性はさらに抵抗し自分の車にあった銃を警官に向け発砲し逃走。

その時々で警官の行動にも差があるということなのでしょう。

 

警官が散々な目に遭っているということは変わりませんが。

セントルイスで警官4人が銃撃されたという映像。

もはや戦場の様相。。

もっと貼ろうと思ったけどあまりに残酷な動画多すぎてやめました。

 

アメリカ国内でも意見が割れ分断が進んでいます。

そしてこの活動によってコロナウイルス感染がさらに拡大すると人々は疲弊してしまうでしょう。

僕が心配するのはこの抗議活動が終わった時に発覚していくであろう被害の数々です。

特に女性の性被害は非常に多くなっていくと思われます。(すでに起きている)

日本でもこの活動は有意義である。この怒りは正しい。という識者が多いのですが本当にその代償に見合った結果が得られるのでしょうか。

被害に遭った人たちに対して「それとこれとは別」と面と向かって言い切ることはできるのでしょうか。

僕は分断を謀る勢力に利用されている以上この活動には大きな穴があるのではないかと思います。

終わりどころを見つけなければ徐々に脱落していく人が増え、その疲労感、徒労感の中で保守的な思想に移り変わる可能性もあります。

また憎しみだけを育ててしまい対立構造が変わらなかった時、一体あの運動はなんだったんだろうということになる危険性もはらんでいると思います。

 

 

world24pong.hatenablog.com

 

トランプ大統領の正しい評価は今の人にはできない

アメリカのトランプ大統領の再選を危ぶむ報道が相次いでいます。

前回は再選するだろうなと思いましたが今回はあまり自信がありません。

もしかしたらバイデンさんになるかも?

うーんバイデンさんではまだちょっと弱い気がするな。

あのセクハラ体質も気になるし。

 

実は僕はトランプさんのことを支持しています。

日本ではほとんどいないでしょうね。。。

それはなぜかというと、トランプ大統領は近年のアメリカ大統領の中では一番平和的だと考えているからです。

world24pong.hatenablog.com

 

彼はその路線で着実に実績を作り続けています。

www.bbc.com北朝鮮との会談は他のどの国にも実現できなかったことです。

韓国、中国、ロシアそして向き合うとか言ってた日本の首相にも。

 

さらに驚異的なのはタリバンとの和平合意。

www.bbc.com

今までのアメリカなら考えられないことです。

もしあなたが「ええ、これって大丈夫なの?ちゃんと潰さないと」と感じてしまったのならそれは過去のアメリカと同じ考えであり、その解決策とは「皆殺しにするまでやめない」ということです。

どっちが平和的ですか?

これまでのアメリカ政権は中東にまでわざわざ口を挟んで戦争を仕掛けていました。

イラクに至っては大量破壊兵器がなかったのに戦争を行い、兵士だけで無く一般国民も大勢巻き添えにして殺しました。

それには日本も含めた多くの国が関与することになりましたが、誰も責任を取ること無く今に至りますし誰もそれを咎めようともしません。

なのにトランプ大統領が関税を上げた時は大ブーイング。

どういうバランス感覚しとんねん。命より金かよ。

以前の記事にも書きましたがトランプ大統領保護主義なのは、戦争をすることで得ていた利益を手放した上で国内成長を成し遂げなければならないからだと思います。

まあ武器やら農作物やら買わされる日本はたまったもんじゃないけども。

 

メキシコとの壁を作る政策でも批判を受けています。

www3.nhk.or.jp

 日本においては壁を作ることの重要性も分かりにくいでしょうし、報道される内容からはトランプ大統領差別意識があるからなんだろうなと考える人が多いようです。

しかしアメリカ国内の状況を鑑みるにこの壁は必要なものだと言えるでしょう。

というのもアメリカ国内でヒスパニック系の犯罪が非常に多いからです。

凶悪犯罪はヒスパニックと黒人の合計で8割を占めるほどだそう。

これ以上の流入は、ただでさえ移民に脅かされているアメリカの治安悪化、負担になってしまうので壁を作ることは現実的な対応策と言えるのではないでしょうか。

そもそも国境が機能していない状況はおかしいんだから。

 

僕も初めは彼が言ったことに対し反感を持ち、差別的な人だというイメージを抱いていました。

しかし行ったことを見ていくうちに、言うことと裏腹に実際にやっていることは平和に繋がり得ることばかりだぞと気が付きました。

彼が過激な発言をするのは本気でそう考えているというよりも計算なのではないかと、実は崇高な理念があってそれを実現するために支持を集めなくてはいけないからなのではないかとすら思うようになりました。

アメリカの利益を第一に考えることがすべての行動につながっているのだと思いますが、それが兵士の命を失わないことだという判断はどの大統領もしなかったことです。

あのノーベル平和賞オバマは兵士をあまり失うことなく敵を多く殺そうとして爆撃しまくった最悪な人間です。

偽善と偽悪です。大嫌いだね!

それに気付かないでオバマさんを平和的、理性的だと評価している人達も目を覚ましてほしい。

 

しかし不安なのはその偽悪という部分です。

人々を動かすための過激な発言は多くの反感を買いますし、また支持者にとっては自分の差別心を容認することになるかもしれません。

つまり非支持者はおろか支持者ですら彼のことを理解していないのではないかという可能性を懸念しています。

トランプ大統領が正しく評価されるのはまだまだ先のことなのではないでしょうか。

他の政治家が過激な発言をすると人々は同じような人間が現れたと考えるでしょうが、その政治家が上手くやることはないでしょう。

トランプの後にトランプ無しだと思います。

 

あと日本人は報道で彼の発言とされていることをそのまま受け取るのではなく、本来は英語での原文を前後の文脈と合わせて確かめてから判断しなくてはいけません。

現状は翻訳、切り取りだけで批判している人しかいないと思います。

 Black Lives Matterデモに関しても黒人に対してのフォローがないとツイートしていた著名人がいたのですが、トランプ大統領はすでにアメリカ建国の歴史において黒人が大きな犠牲を払ったという内容のスピーチをしていますし、デモ自体に対しての非難はしていません。

あくまでも暴動と略奪に対しての非難をしているのです。

そしてそこでも白人対黒人の構図を避けようと、いち早くANTIFAを批判しました。

つまりはANTIFAのせいにしようとしているんですね。

しかし実際ANTIFAの工作も続々SNSに上げられており、責任回避できそうな雰囲気もあります。

もし今回のデモをうまく収めたらかなりの策士であることが証明されると思われます。

 

以上は外野の日本人である僕だからできる無責任な視点なのですが、アメリカが平和的な道を歩むならそれはいいことなんじゃないかなと思います。

でも他の大統領になったら今までのアメリカに逆戻りするんだろうなあ。

もちろん僕も理解しているわけではないので本当に平和的なのか不安もありますが、それを確かめるために彼が行うことをこれからも見ていたいという思いがあります。

 

 

world24pong.hatenablog.com

 

world24pong.hatenablog.com

 

world24pong.hatenablog.com

 

「日本のコロナ感染は遅いだけ説」は終わっていなかった

 3月に書いたコロナの感染に関する記事。

world24pong.hatenablog.com

 

外れました!

 

・・・でいいのかな?

まだ確定ではないですが新規感染者は非常に少なく抑えられています。

欧米に比べ東アジアの国々では軒並みその被害が少なく抑えられています。

日本においては従来の生活習慣が感染症予防に対して効果的であったのと、自粛要請を聞き入れる同調性が功を奏したのだと思います。

生活風景かなり変わりましたよね。

それを民度という政治家もいました。

www.asahi.com

感染広がったら国のせいにしないでって言ってた人もいました。

感染抑えたらドヤ顔、広がったら国民の責任とかどういう思考回路なのでしょうか。

今回のコロナ禍において政治家は国民の足を引っ張り続けていました。

国民への救済措置がまさかのお肉お魚券。

批判されて渋々決めた10万円の給付金では事業費を中抜きさせる。

布マスクの配布では不良品や不透明な企業選定、無駄な検品費用。

てかどっちもまだ届いてないぞ!!(6/5現在大阪某所)

お友達には多額の資金を横流しして、医療現場にはブルーインパルス飛ばして感謝の気持ち表すだけ。

ブルーインパルス飛ばすのはいいんですよ。

批判すべきは無駄な事業費であって、それを医療従事者に手当として給付し、さらにブルーインパルスを飛ばせば全員幸せになってますよ。

 

さらにやばいのは7月にGo To事業で旅行や外食を後押ししようとしていたということ。

早期に抑えていた韓国で第2波があったのに、そこまで抑えきれていない日本でそんなことやろうとする??

出かけないでくださいねと言いつつ旅行や外食を後押しってどういうことですか???

批判があって中止したけど、それは事業者の選定の問題であってイベント自体はまたやるつもりでしょう。

そのイベントをきっかけとしてまた「日本のコロナ感染は遅いだけ説」の可能性が浮上してしまいます。

せっかく国民が苦しんで抑えているのに、それを無駄にする政策でしかありません。

これから日本で感染が広がるとしたら政治家のせいなのではないでしょうか。

日本は東アジアにおいてはコロナ感染の被害が多かった方です。

しかし各国の政府がやった対策を比べればこの程度で抑えられた事は驚異的だと思います。

日本は他の国と違い、国民が自力で感染拡大を抑えた国なのではないでしょうか。

しかしことあるごとに隙をついて国を食い物にしようとする政治家がいる限り、まだまだ安心はできない状況です。

 

 

world24pong.hatenablog.com

 

アメリカの白人警察官はなぜ黒人を差別するのか

アメリカで非常に痛ましい事件がありました。

news.yahoo.co.jp

一体何度目の「また」なんでしょうか。

アメリカではこれまでも白人警官による黒人への過剰な対応が問題になっています。

なぜこんなことが起きてしまうのか。

「白人は黒人を差別しているからだよ」

そう言い切るのは簡単ですが、もっと深い部分を捉えなくては問題を解決することはできません。

単に差別しているというよりも、アメリカの警官が黒人に対して過剰な反応をしてしまう理由があるのではないでしょうか。 

これは単にアメリカの警官を批判すればいいという問題ではなく、彼らにも事情を聞く必要があるはずです。

彼らは元々差別心を持っていたというよりも、仕事をしていく中でその意識を育ててしまったのではないかと僕は考えています。

まずアメリカでは黒人の犯罪率が非常に高いという事実があります。

http://www.clair.or.jp/j/forum/pub/docs/380.pdf

NY市では黒人の人口の割合が20%強なのに凶悪犯罪では50%以上にのぼるのだそうです。

つまり事件が起きれば2回に1回は黒人が犯人ということになります。

犯罪を起こした黒人と接する機会が多すぎるために、アメリカの警官は黒人に対してネガティブなイメージを持ってしまうのでしょう。

そしてアメリカでは銃犯罪も多く警官は命の危険を常に意識しながら勤務しています。

死への恐怖も過剰な対応へと向かわせるのではないでしょうか。

全く問題なく通常の取り調べ、逮捕であっても白人警官相手だととりあえず差別だと主張する者もいるでしょう。*1

そしてマスコミや人権団体から批判も多く受けます。

警官というプライドや現場で命をかけているという自負があるので、安全圏から批判されれば態度はより強硬になることでしょう。

逆に白人差別じゃないかと思う人もいるかもしれません。

現代では白人が黒人を殺害するよりも、黒人が白人を殺害する方が圧倒的に多いのです。

そこで白人対黒人の意識対立が生まれているのではないでしょうか。

 

しかしその前に黒人が犯罪を多く起こすのは貧困・教育問題があり、それは彼らが差別を受けていることが発端であることも事実です。

つまり差別が犯罪へ向かわせ、その犯罪が差別を助長するという負の連鎖に陥っている部分があるのではないでしょうか。

差別を無くすためには黒人が犯罪を起こさなくて済むような社会を作らないといけません。

というように黒人差別問題は原因と結果が複雑に絡み合っているためとても難しいことなのだと思います。

 

world24pong.hatenablog.com

 

world24pong.hatenablog.com

 

*1:僕は現地の状況もわからないし、知識も全くないのでこれは想像でしかありません。それは違うぞ!と指摘されればすぐにでもこの意見を取り下げます。そんなレベルです。すいません。。

結局欧米は人権意識が高いの?低いの?

ネット上で欧米の人権意識の高さに対する記事や意見を目にすることが多くあります。

差別を厳しく取り締まる法律があり、労働者を守る法律も強く仕事より人生を重視する。

そんなイメージがあって、日本は遅れている、見習うべきだと言う論調がほとんどです。

 

では何故欧米では人権意識が高い法律がきちんと整備されているのでしょうか?

 

それは逆説的に人権侵害が多く行われるからということです。

bizspa.jp

冒頭にあるのは長期バカンスのイメージがあるフランス。

そのフランスの企業で、自殺者が連続したというニュース。

社風の過酷さを伝えています。

 

toyokeizai.net

そしてコロナウイルスの広がりとともにアジア人が差別されたというニュース。

日頃から欧米は人権意識が高いと思っている人にはとても意外に思えるのではないでしょうか。

なんだよ結局欧米人も差別ヤローばっかじゃん、みたいなコメントを多く見かけました。

記事中でも「人権先進国なのに」という風に書かれていますが、その人権先進国は人権侵害がたくさんあったからこそ、それを問題視して規制してきたという積み重ねの結果なのです。

病気があったから薬を作ったというようなものです。

日本より進んでいるのは人権意識の前提にある「人間は放っておくと他者の人権を侵害してしまう」という認識があることなのです。

欧米が自由な社会を求めたのは不自由な時代があったからであり、間違ったことをする者も中にはいるという経験に基づいて法律で社会を管理しているのです。

なので「欧米が人権意識高い人ばかり」というのも「結局白人様はアジア人を下に見ている」も極端な印象でしかなくそれ自体が差別に繋がりかねない先入観です。

実際は意識の高い人と低い人の差が激しくばらつきがある、つまり色々な人間がいるということです。

これは言われてみると当たり前なんですが、自分の思考の範疇を超える事象はなかなか認識できにくいのも人間です。

でも全員の考えが想像できなくても「思想には多様性がある」という前提を持っていることは大切だと思います。

 

今回のコロナ対策では「海外は日頃自由を謳っているのにロックダウンを強制できる法律があって、不自由そうな日本では自粛要請しかできない」という点に疑問を持った人もいるのではないでしょうか。

でもそれも人間に対する認識があったからこそです。

欧米では放っておいたら出歩く奴が絶対にいる。ということがわかっているのです。

だからこそ有事の際に社会を守るため、同じ行動を強制するのです。

 

しかしその思想の多様性は別の形で現れ始めました。

www.bbc.com

ロックダウン反対のデモが起きています。

やはりこれも自由と多様性のある思想を持った国では当然の動きです。

死者が4万人いてもこういうことをするのです。

日本人は「こんなに死人出てたら普通やらないでしょ」と考える人がほとんどだと思います。

そう日本は「普通こうだろ」の共通認識の多さで社会を維持しているのです。

それに由来した同調圧力があって日本では自粛要請だけで外出をほとんど抑え、感染拡大を防ぐことができています。(もちろん元々の清潔な生活習慣も大きいです)

もし日本が自由で多様性のある社会を目指すならば、今後は有事の際に強制力は必要になってくるでしょうし、法律もその前提で作らなければならないことが多くなるはずです。

 

ここからは単なる予想ですが、もしかすると欧米でも「自己責任論」が言われ出したりするんじゃないの?と思っています。

そうして外出する人とステイホームする人で分かれたりするのだろうか。

その時欧米はどう対応するのだろうか。

そんなことを各国のコロナ騒動で考えてしまいました。

 

 

world24pong.hatenablog.com

 

日本のコロナ対策次の一手は

www3.nhk.or.jp

 

日本で一番感染者が多い東京で新規感染者がついに15人にまで減りました。

二番手の大阪はなんと1人。

連休を挟んでの数字なので後一週間は様子を見たほうがいいかなと思いますが、減ってきているのは確実なようです。

しかしまあすごいですね。

外出自粛で成果を出したのでしょうが、要請だけでここまできっちりと出歩かなくなるというのは驚くべきことです。

日本社会の同調圧力が皮肉にもいい面に働いたということでしょう。

社会のあり方、人間の行動と思考の多様性に関しては今後しっかりと考えておかないと日本もいつかコントロールが効かなくなってしまうかもしれません。

それは今回はさておき、今後の対策に関してはどうしたらいいでしょうか。

給付金も未だに配られていないので経済的に困っている人たちが増え続けています。

というわけで早期の経済活動再開が望ましいわけですが、安全に実現するためにこれからはPCR検査を希望者にも拡大したほうが良いのではないでしょうか。

クラスターは今まで通り追っていくとしてもすでに減っているわけなので、疑惑レベルの人にも目を向けて確実に抑えていったほうがいいと思います。

そしてそこで陽性だった人には入院や自宅待機をしてもらい、その他の人たちは徐々に活動を再開してもらうという方が経済的にも回復が早いと思います。

ただしテレワークできる人たちはまだ継続してもらいテレワークでも効率を上げてもらう、出勤するにしても隔日等の対策は続けてもらう方が今後の労働環境、ひいては社会のためにもいいですね。

転んでもただでは起きないぞというビジョンが必要だと思います。

コロナウイルスが収まらない世界線

このままコロナウイルスが収まらなかったらどうなるのか?という妄想をしてみました。

前提として、一度感染しても抗体が役に立たず何度でも感染する。

感染を繰り返すに連れ死亡率は高くなる。また有効なワクチンもない。というウイルスの設定でいきます。

 

人同士のコミュニケーションはスクリーン越し、電子通信が中心になる。

外出が必要最小限になり既存経済への大ダメージ。

かつてない世界恐慌の到来。

失業率も30パーセントを超える。

国内外で貧富の差が大きくなる。

国をまたいだ人の往来がなくなり各国の関係も徐々に冷える。

途上国で資源の奪い合い、戦争の勃発。

綺麗になっていた地球環境も再び悪化。

 

先進国では感染者と非感染者に厳しく分けられる。

年齢や感染した回数によってトリアージも行われる。

厳格な管理社会の到来。

結婚、出産も検査後の許可制に。

人口は減少し、いつしか経済や資源とのバランスが保たれるようになる。

 

うーん、ありきたりなSF設定になりました。

実際には病気にかかりながらも今に近い活動をしていこうということになるのではないでしょうか。

そして現実的には収束するでしょうし、ほとんどの人は忘れてしまうのでしょう。

また別の感染症が流行った時にこの経験を思い出し、活かすのかどうかというところですね。

 

ちなみに理想の世界は、満員電車の解消。一極集中の是正。

人権、環境についての見直し。

通信機器を通して家族、友人同士の会話の増加。

世界各国で助け合い。ですね。

 

こうやって極端な未来を設定し、その時自分はどう立ち振る舞うのかを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

追記

「先進国では感染者と非感染者に厳しく分けられる。年齢や感染した回数によってトリアージも行われる。厳格な管理社会の到来。」

この部分当たった。というかすでに始まってたのかな。

 

wired.jp